デセン酸

ローヤルゼリーの採取法って?

ローヤルゼリーは働き蜂によって作りあげられる有効成分です。
この有効成分だけを食べて成長した女王蜂は、寿命や体調などが働き蜂の数倍から数十倍も優れています。
以上の説明から女王蜂しか食べることができないローヤルゼリーがいかに栄養素が高いのかということが分かります。

そんなローヤルゼリーは、働き蜂が採取してきた花粉などをもとに作られています。
働き蜂の咽頭腺で分泌されて作られたこの物質は、王台という場所に集められます。
一つの王台にローヤルゼリーが溜まるまでには2〜3日かかるといわれています。
溜まった王台から私たちはわずか200mgから500mgしか採取することができません。
なのでとても貴重な栄養素だということが分かります。

例えば1gのローヤルゼリーを採取するためには15万匹の働き蜂が必要だといわれています。

なので自然のものだけでは、需要に追いつくことはできません。
そこで考えられたのが、人工的にローヤルゼリーを採取するという事です。
それには働き蜂の習性を利用して確保しています。

まずは人工王台を作ることから始まります。
そしてその王台の中に女王蜂になる幼虫をうつします。
すると新たな王台にローヤルゼリーを運ぶために、分泌が増えてきます。

王台に十分な量が集まったら、また新たな人工王台に幼虫を移していくというとても地味な作業を繰り返していきます。
またこの成分には鮮度がとても重要です。
王台から採取するには2日から3日以内でなければ鮮度が落ちてしまうといわれています。

一つの王台から摂取できる量がとても少ないので、商品化するためにはとても多くの人工王台が必要になるといえます。
その分もちろん手間のかかるため、人工的なものでも簡単に採取できるわけではありません。
このことから生ローヤルゼリーがいかに貴重で、鮮度が重要か分かります。
手間がかかり貴重なものなため、価格が高くなってしまうのも納得できるのではないでしょうか。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い栄養素 All Rights Reserved.